予防歯科 歯のクリーニング 定期検診

歯を健康に保つのに最も重要なのは「予防」です!

大切な歯を失わないための予防歯科。

画像 むし歯や歯周病は、
初期段階では自覚症状がほとんどなく、
知らないうちに進行しているケースが多くみられます。

「歯を失うまで、普通に食事ができる幸せに気付きませんでした。」
そのような声をお聞きすることがあります。

歯は一度むし歯になってしまったら、削らなくてはなりません。
一度削ってしまった歯は、もう元には戻りません。

歯周病は、磨き残しが少しでもあれば、歯周病が再発(悪化)しやすくなります。
歯ブラシをしていてもどうしても磨きづらいところが出てきてしまいます。
こういうところのチェックを受け、衛生士がきれいにしていけば
結果的に歯を長く持たせることが可能になってくるわけです。

定期的にお口の中をメンテナンスすることで、様々なトラブルの芽を摘み取ることにつながります。
当医院では、歯を健康に保つのに最も重要な「予防」をとても大切に考えております。

1. PMTC

当医院の人気メニューのひとつです。

毎日すみずみまで磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくいところには、
どうしても汚れが残ってしまいます。

残ってしまったプラーク(細菌の塊)は次第にバイオフィルムという集合体を形成し、
いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きだけでは除去出来ません。

その部分を徹底的にお掃除してくれるのがPMTCなのです。
PMTCをすることにより口臭やむし歯、歯周病の予防につながります。
画像 画像 画像

2. フッ素

画像 フッ素には歯の表面のエナメル質を丈夫にし、むし歯に強い歯を作る性質があります。

当医院では、高濃度(9000~9500ppm)のフッ素を塗布し、
むし歯になりにくい強い歯質を作ります。

画像 1回のフッ素塗布だけでは効果はありません。
定期的にフッ素塗布を行うことにより、
むし歯予防の効果を高めることができます。

また、当医院では、フッ素を配合した
家庭用のジェルの販売も行っております。

当医院には、フッ素塗布のためだけにお見えになる
患者さんも少なくありません。
特にお子さんの場合は定期的に通院して頂くことをおすすめしております。

3. シーラント

特にお子さんにとって、虫歯は大敵です。
しかし歯の間や歯と歯肉の境目、そして歯の溝に関してはどうしても虫歯が発生しやすい傾向があります。

幸い現在では「シーラント」が普及しています。
奥歯の溝にこのシーラントを埋め込むことで、歯垢がたまらないようにすることができます。

画像

シーラント材を塗布して光で固めます

※ シーラントは人工的な歯科材料でつくられており、取れてしまうこともあります。
定期健診でシーラントの状態をチェックしましょう。

画像 通常の歯磨きではカバーしきれない部分は、
経験を積んだ歯科衛生士がカバーいたします。

歯科医師と歯科衛生士が連携して、みなさまの歯の健康をお守りします。
安心してお任せ下さい。
お電話でのご予約・お問い合わせ  0436-21-1265
診療時間
9:00~12:00

/

/

14:00~19:00

/

/

※水曜日14:00-17:00 土曜日14:00-18:00
受付時間は診療終了30分前です。
休診日
木曜日・日曜日・祝日
© 2016 “歯を残す”ための治療・予防を提供する「小宮歯科診療室」. All Right Reserved.