お知らせ

NEWS
  • HOME
  • 歯を守るにはフッ素以外はあり得ない。

歯を守るにはフッ素以外はあり得ない。

  • 2020年8月25日
お口の中には多くの細菌が住んでいます。
良い細菌と悪い細菌があるとされますが、種類が多すぎて一応悪いのではないかというグループがあるという程度です。
ですから、抗生物質でその悪い細菌を叩く(少なくする)という方法もありますが、細菌の全体を減らす方法が妥当と考えられています。
また腸内細菌の善玉・悪玉分類はよく耳にしますが、比率を変えていくのがよいとされています。
お口の中では、機械的に歯ブラシで歯から細菌を除去することが昔から大切であるとされています。
しかし歯の咬合面(噛むところ)には細かい溝があります。
そこにはまっている(生きている)細菌をかき出すことはほぼ不可能です。


そこで有効なのが液状のフッ化物応用です。
ペーストの中にも入っていますので歯表面に働きますが、より行き渡せるにはフッ化物洗口の方がより効果があります。
また高齢になりますと歯肉も後退してきて歯の根元が露出してきます。
そこもとても虫歯になりやすい部位ですから先ほどのフッ化物洗口が有効です。
当医院ではフッ化物応用を積極的に取り組んでいます。