むし歯治療

神経までカリエスが到達しないように考えた治療

お口の治療優先順位をつけて治していきます。

画像 お口の中に歯がどこに、
どのような状態(むし歯、歯周病)で残っているのかを最初に考えます。
いろいろな治療から、
その方に合ったお口の治療優先順位をつけて治していきます。

治療より予防を優先

症状のない虫歯や歯肉炎は、まず予防処置を行い病気の進行を遅らせます。
予防処置は治療時期を遅らせ、治療対象になる歯を減らす効果があります。

最適な治療

“できるだけ歯を削らない”
削るところは、虫歯で溶けた部分に限定し、健全なところや虫歯が回復できる場所は残します。
この治療法は、歯に接着する新素材(接着性レジン)の発明により可能になりました。

“できるだけ神経を残す”
虫歯で痛みのある歯でも、
治療法や薬品の進歩により多くは神経を残すことができるようになりました。
神経を残すことは、歯を長持ちさせる為にも重要です。
神経を取ってしまうと、その後の歯の寿命は確実に短くなってしまいます。

“できるだけ歯を抜かない”
虫歯や歯周病が重度に進行した場合、 他の歯を守る為にやむをえず歯を抜く事はありますが、
少しでも残る可能性があればまず治療を行います。
抜歯はあくまでも最後の選択肢と考えています。

力のコントロール

一旦歯が抜けると加速的に歯が抜け始めるのは、
残っている歯に無理な力がかかり、耐え切れなくなるからです。
歯を長持ちさせる為にも、 左右の奥歯でバランス良く噛める状態が理想的です。

最近では歯の抜けた場所に人工の歯を植立するインプラント治療が確立しています。
また、金属の裏打ちがされた丈夫な入れ歯も、残った歯を守る為に有効です。

1. 治療の流れ

画像

2. 拡大鏡を用いた高品質な治療

画像 歯科治療は、細かい作業を必要とする治療です。

特に歯の根は複雑な形状をしているため、
肉眼だけでは限界があります。
そこで当医院では、拡大鏡を用いた治療を行っています。

拡大鏡を使用することによって、
より精密な治療を行うことができるようになり、
削る量も最小限に抑えることができるようになりました。

簡単に歯を削るのではなく、精密な治療で少しでも長くご自身の歯を長く使って頂きたいと考えております。

3. 治療前後の説明をしっかりと行います

画像 当医院では、コミュニケーションを重視し、
患者さんとの対話を大切にしていきたいと
考えております。

治療前にはまずカウンセリングを行い、
患者さんのご希望をお伺い致します。
その他にも丁寧で分かりやすい説明、
明快な費用提示、
そして患者さんがご意見を言いやすい環境作りを心がけ診療を行っています。
お電話でのご予約・お問い合わせ  0436-21-1265
診療時間
9:00~12:00

/

/

14:00~19:00

/

/

※水曜日14:00-17:00 土曜日14:00-18:00
受付時間は診療終了30分前です。
休診日
木曜日・日曜日・祝日
© 2016 “歯を残す”ための治療・予防を提供する「小宮歯科診療室」. All Right Reserved.